"諸事情で1ヶ月以上オナ禁したときはちょっとした刺激ですぐフル勃起していろいろと大変であった。平成十七年大相撲秋場所でおっきしたときは死にたくなった。[904SH]"

Twitter / めいぼうじん

なんすか「諸事情」て。

(via derutcarf)

もう勘弁してください。なんで未だにダッシュボードに流れてくるんですか!

(via maybowjing)

(via otsune)

(via kouma) (via lesondes) (via hazime1373) (via petapeta) きのうだかcxxさんのながしてためいぼうじんくたばれってのをみてめいぼうじんってだれだったっけとおもってたのだけど、ああ、おな禁力士でフルおっきのひとだったか、と。 (via kml) だから、何で未だにダッシュボードに……orz (via maybowjing) 忘れちゃいけないことがある。 (via hogelog) (via cxx)

(via petapeta)

久しぶりに流れてきて嬉しい限りです

そろそろ殿堂入りpostに認定してもいいんじゃないかな Tumblrある限り永遠に流れ続けるだろう

(via yaruo

)

もうこうなったらダッシュボードで流れてたりエゴサーチに引っかかるたびにreblogしてやる。

(via maybowjing) (via kittymint) (via tksa4883) (via tagkaz) (via uessai-text) (via tokada) (via takeori) (via hageatama)

(via lunaryue) (via azazel-kode) (via etecoo) (via petapeta)

新参tumblristへの啓蒙が必要だもんで

(via yaruo) (via fukumatsu) (via sanmorishi) (via iori) (via iori)

あけおめことよろ

(via lunaryue) (via iori) おめことか卑猥なこと言うのやめてください。 (via maybowjing) (via reretlet)

めいぼうじんさん、あけおめーことしもよろしく

(via sander786) (via fukumatsu) (via oosawatechnica) (via kml)

(via tiga) (via tnoma) (via kashiyukalove, jumitaka)

(via carandache) (via pipco) (via maybowjing) (via budda) (via ssbt) (via makototz)

(via ipodstyle) (via yaruo)

(via tetsujin28mm)

「気になる人は「めいぼうじん 秋場所」などでググってみましょう。」

(via gkojax) (via i-me) (via darylfranz

)

めもめも

(via xlis)

(via ltzz)

(via tsutsumiwat) (via mugen8764) (via seawalk) (via k32ru) (via colonelmuska) (via johnnychallenge)

メリークリスマス 来年もよろしくリブログ

(via pipco) 不幸の連鎖は今年中に断ち切りましょう。 (via maybowjing)もうすぐ4000rblgですね

(via aobouzu) (via ohmomo) (via fukumatsu)

4000rblg越え御目出度う御座います。
今年中に断ち切るのは無理なようですね。

(via amaisaeta) Reblogされるたびに5セントもらっていたら今ごろ俺は。 (via maybowjing)

明けましておめでとうございます。2011年もよろしくお願いします。

(via hisaruki)


2011年早々にこれを見られるとは思わなかった。幸先の良いスタートだ。

(via plasticdreams

)

お,こりゃめでたい.2011年もよろしくお願いします!

(via hageatama) 何がめでたいんだふざけんな何も明けてねえよ暗い過去しかないよ今年もよろしくお願いします。 (via maybowjing) (via happywing) (via ta-bop2nd)

(via norick)

(via tnoma) (via 0shun) (via toyolina) (via femm) 今年度もよろしくお願いします。 (via himmelkei) 新年度二日目に人事と人形屋さんで遭遇しましたが僕は今日も元気です。 (via maybowjing) (via himmelkei)

オフ会の場では「未だにreblogされ続けてイヤイヤ」みたいなことを言ってたくせに自らすすんでreblogする誘い受けドMそれがめいぼうじん。

(via rarihoma) (via himmelkei)

もう夏ですね。お元気ですか。

(via halcana)

(via hypersoliddimension) (via musashi0129) (via himmelkei) (via sierra7) (via al76)

目指せ7,000rblgといったところか

(via feinyao) (via precall) (via jumitaka

)

7000越えおめでとうございます

(via himmelkei)

(via oyaki) (via ta-bop2nd)

(via oyaki) (via himmelkei) (via musashi0129) (via cho-co) (via darylfranz) (via shocho)

(via airget-lamh)

(via hypersoliddimension) (via strangerxxx) (via ichihana) (via komatz) (via chinpol) (via hatsuneya-mikuzou)

8000notesまであと20!!

(via hisame) (via twinmaikosyu) (via pirozhki) (via hkdmz) (via teokure)

(via poochin) (via pirozhki)

(via kitofuyu)

(via hcm-pri) (via ov19) (via a2onaka) (via usaginobike)

"

思いもよらない才能が自分の前に出現した時、人はどうすれば良いのでしょうか?

#敵と見るか?

#ライバルと見るか?

#自分は自分、他人は他人と無視するか?

私の取った行動はその3つのいずれでもありませんでした。


正解は『師と仰ぐ』でした。


将棋の世界の話で恐縮ですが、

今は将棋連盟の会長をしておられる米長邦男さんは、数々のタイトルを取りながら
将棋の最高峰の”名人位”には手が届かないでいた40代後半の時期に
当時の若手で、どんどん頭角を表して来た現名人の羽生善治さんの存在を驚異に感じていました。


私と同じで、米長さんは菅野ショックならぬ『羽生ショック』を受けたのです。


その時、彼の取った行動は、はるか20才以上も年下の羽生さんを『師と仰ぎ』
ベテランのプライドを捨て、これも羽生さんよりもっと若い棋士達の勉強会にも
参加して、羽生さんの棋譜(将棋の記録)の研究を始めたのです。


「羽生みたいな若造に何が出来る?」
何て思わずに、謙虚に現在の自分の実力を知り、新しい才能の出現に畏怖すると同時に
尊敬する事によって自分のスキルアップを目指したのです。

"

音楽の女神〜菅野よう子さん(3)|田中公平のブログ My Quest for Beauty

http://ameblo.jp/kenokun/entry-10606765737.html

(via lain65) (via kuriz) (via atorioum)

(via femm) (via puruhime) (via babie) (via ukar) (via motomocomo) (via appbank) (via flatmountain) (via precall) (via skaholic)

(via asyoulike) (via khgdsethbbg)

2010-08-04

(via mmtki)

(via orangexxx) (via ahhachan) (via tknori) (via layer13) (via interglacial)

(via moutoku) (via chordstriker) (via usaginobike)

(via golorih) (via usaginobike)

(via xlheads) (via dannnao) (via suzukichiyo)

"徹夜のナルシズムとは、糸井重里の言った言葉で、「徹夜をすると仕事をしているような錯覚に陥るが、それは単なる自己満足だ」といった意味です。"

ロケスタ社長日記:徹夜のナルシズムとは (via gatya) (via buribunken) (via pinto) (via ninjatottori) (via tyzm) (via dannnao) (via quote-over100notes-jp) (via turnonandtunein) (via thomasandson) (via knora0013) (via pressthebackspacekey) (via blueskies-jp) (via yellowblog) (via wak0990) (via zaiga) (via hughughug)

"高校の時、英語教師(四十代♀)が言った忘れがたいセリフがある。
「世の中、努力がそのまま結果に結びつくものはあまりないけど、そんな中でも比較的結びつきやすいものがあります。勉強と化粧です。ぐだぐだ言う前にやってみましょう」。とりあえず「あの先生はただ者ではない」と噂になりました。"

Twitter / tarareba722 (via gearmann)

化粧…こわい

(hughughugから)

"

「パシフィック・リム」のブルーレイ発売が近づく中、やはり出やがったアサイラム製作の超絶劣化コピー作品。いいぞう、アサイラム!ゴーゴー、アサイラム!
北米版の原題は当初DVDが発売したときには「ATLANTIC RIM(アトランティック・リム)」だったのだが気がついてみると「ATTACK FROM BENEATH」に変更になっていた。なじぇ?「パシフィック・リム」のワーナー様がアサイラムお得意の紛らわしいタイトルにとうとうご立腹されたのだろうか?そりゃそうだよなーw
ワーナーと戦う気配も見せずにこっそりと作品タイトルを変更するあたりはさすがは自他ともに認めるパクリ映画会社アサイラム。いいぞう、アサイラム!ゴーゴー、アサイラム!

余談だが先日アメリカにてとあるエンターテイメント企業の役員たちと会食をした際に「アサイラムが好きだ」と述べたらその場にいた一人が飲み物を本当に吹いてしまった。それですっかり変人扱いだよ・・・・・。どんだけだよ、アサイラム・・・・・。
まぁ、確かにアサイラムの紀元前1億年のレビューを書いているヤツなんてそうはいないと思う。

さて、肝心の内容の方なのだが・・・・・

image

これが人型巨大ポンコツ兵器を操縦する3名。見てこのオーラの無さ。これだけでもこの作品の質が窺えるかと。一応、ご参考までに述べておくと、左から順に馬鹿の度合いが強まるメンバー構成となっている。馬鹿(グリーン)、超馬鹿(ブルー)、ハイパーメガ馬鹿(レッド)だ。RGBと3色で分けているところは分かりやすくて親切設定。ロボットの色も同様にして3色で分けている。残念なのは各自ちゃんと自分たちの色のロボットに正確に乗ってしまうところ。馬鹿は馬鹿らしく、レッドが青色のロボに乗るなどのボケをかまして欲しかった。最近のアサイラムのこういうちゃんとしたところが良くない。昔はもっといい加減だったのに、アサイラムには初心を忘れないで欲しいものだ。

3色で分けてはいるものの赤色だけレッドと呼ばれて他の2人は本名だったりあだ名で呼ばれている。緑はスーパーフライと呼ばれていた。

image

この人はなんの関係もない。なんとなく貼ってみただけ。

なんでもロボットたちは軍事機密とのことで民間人に目撃されるわけにはいかないとかでサンマがデカくなったような怪獣が海底から出現したときに目の前にいた3体のロボをシャットダウン(停止)してしまう海軍中将。そのまま海底で戦えば目撃者はいなかったのではないか?とそんな素朴な疑問を投げかけてはいけない。世の中には法律で決められていなくとも守るべき節度というものがある。園遊会で天皇陛下に手紙を渡した山本太郎のようなクソバカには分からないのだろうが普通は「(問題だとは)知らなかった」では済まない。アサイラム作品を鑑賞するときには些細なことをつっこんではいけないのだ。大人の常識だ。ロボット搭載のハープーンミサイルの射程が100メートルであろうが、ロボの腕に装備されていたレールガンからレーザービームが射出されようが、ロボット計画に5,000億ドル(約49兆円)もかけているのに超ダサいロボットであろうがつっこんではいけない。ちなみに5,000億ドルというと昨年のアップル社の時価総額だ。日本の家電メーカー6社の時価総額を合わせた額とも同じくらい。正直、この作品のロボットよりもiPhone5や国産の大型液晶テレビの方が性能が良いと思う。

さて、3体ともシャットダウンされたはずが遠隔操作の範囲外にいたとかでレッドロボだけは怪獣を追って海岸に登場。能天気に喜ぶ海岸で遊んでいたアメリカ人たち。まさに典型的なアメリカ人たちだ。巨大ロボを見ても逃げ出すわけでもなく歓声を送るとは余裕だぜ、アメリカンは!その背後に登場する巨大サンマ、もとい怪獣。細い!細すぎるよ、巨大サンマ!

image 動きが遅すぎるという理由でサンマにすら勝てないレッドロボ。軍事機密を世間に晒した上に怪獣も倒せない。しかもレールガンをあらぬ方向に撃ってしまいリゾートホテルだろうか、その建物が滅茶苦茶に崩壊。中にいた人々は先ず助からなかったことだろう。怪獣と操縦がヘタクソなロボットパイロットの両方が街を破壊する悪夢のコラボ。レッドロボだけで何千人殺しているんだろうか?それでも全然心が折れないレッド。ポジティブな馬鹿ほど迷惑なものはない。

結局はレッドロボが怪獣の口を開けているところに海軍の戦闘機がミサイルをブチ込んで怪獣は昇天。戦闘機のパイロットがヒーローとなった。なんだかこの点は新しい。よくあるこういう映画のパターンでは最初は軍隊が撃退されて、遅れて登場した主人公がモンスターを退治するのだがこの作品では逆。主人公が勝てないので脇役の戦闘機パイロットが怪獣を倒したのだ。えらいぞ、名も無き戦闘機のパイロット!

その後、廃墟と化した街をふらつくレッド。街に無数に横たわる犠牲者たちの姿を見てもへっちゃらだ。おまえのレールガンの犠牲者もいると思うんだがレッドよ、それでいいのかよ・・・・・。そしていつの間にか現れたブルーとグリーン。3人で学生気分で大盛り上がり。レッドが興奮しながらいかに怪獣を倒したかを説明。その周辺でも大惨事の犠牲者たちのご遺体が・・・・・。しかもご遺体のお一人はまばたきを・・・・い、いや、見てない。俺はなにも見てないぞう!その後、軍隊に拘束されるレッド。命令違反で営倉入り。こんなところに入れられてもへっちゃらだぜ~と強気のレッド。最初は腕立て伏せやなにやら書きものをしていたが作品中の時間にして数十分後には「うぎゃああああああぁぁぁぁっ!!!」と絶叫。孤独に耐えられなかったらしい。どんだけ忍耐力がないんだよ、レッド!

レッドではなく戦闘機が倒した怪獣は卵を生んでたとかで親よりもデカいサンマが生まれる。どういう原理なんだ・・・・。スーパーフライことグリーンいわく前の怪獣よりも3~4倍デカいとのこと。場面ごとに明らかにサイズが変化している怪獣なので登場人物がサイズに言及していることがむしろ驚きだった。ちなみにロボットのサイズも一貫していないのだがこまけぇことはいいんだ、この際!

その怪獣も海軍のステルス爆撃機とやらが倒す。営倉に入れられていたレッドの救出にブルーとグリーンは必死だったので怪獣どころではなかったのだ。仕方がない。

ロボパイ、ロボットパイロットを略すと北朝鮮で大人気のお菓子みたいだ。そのロボパイたち3匹の馬鹿たちはなぜか酒場で祝勝会。昼間っから飲んでいる場合かとかそんな物差しで彼等を測ってはいけない。街を守ったお礼にと店からおごられる3人。いやマスター違うよ!こいつらなんもしてないよ!

そしてその祝勝会で衝撃の事実が!

image

グリーンとブルーが数週間前にキスしたらしい。えっと作品を最初から見ていてもイマイチ分からなかったのだがレッドとブルーが付き合っているらしく、つまり酒の勢いとはいえ、グリーンはブルーとキスしたことを正直にレッドに告白せずにはいられなかったらしい。

おいおい、怪獣が大暴れして大都市が壊滅状態というときに5,000億ドルかけたプロジェクトのロボットパイロットたちは昼間の酒場でなにを話しているというのだ・・・・・。

image

肉食系なブルーの言い訳。むむっ!?この言い訳の仕方は慣れていやがるな!ブルーはビッチ確定だ。さぁ、どうなるドロドロなこの三角関係は!?

image

レッドあっさり許したーーーー!!!なんでもついさっきまで怪獣と戦うという非日常を体験したのでキスした程度の話では驚かないとかなんとか。レッドはイイヤツというか馬鹿というかなにも考えていないというか、基本的に常に元気。

その後、死んだはずの巨大サンマは逃亡し、再び大暴れ、ニューヨークを破壊しまくる。浮気騒動を無事に解決した3馬鹿RGBたちはロボットが自分が動くとおりに反応するけれどロボットが受けたダメージを痛みとしてパイロットが認識するという無駄にやっかいな新システムを導入したロボで出撃。さっきまで飲んでた3人なので飲酒運転だ。相変わらず怪獣にダメージを与えることができない。どんな武器でも使って良いということで街ごと破壊するような戦いっぷりを見せる3体のロボたちなのだが怪獣はノーダメージ。ダメージを受けない怪獣に対して怪獣に攻撃されるたびに超痛がるロボパイたち。新システムは戦闘に向いていない。戦況は絶望的だ。

image

なんでサンマが大きくなった程度の怪獣がレーザービームに無傷なんだろうか・・・・・。ともかくロボットではダメだと判断した米軍は核の使用を決断する。ニューヨークに核を使う判断が早い、軽い、後先考えていない。核使用反対のロボット計画側の中将と核使用を断行しようとする眼帯の軍人とが揉めに揉める。まぁ、そんな軍内部の混乱をよそに遂にレッドが活躍する。火事場の馬鹿力を出してサンマを宇宙に運んでそのままキック。なぜか爆発するサンマ。

image レッドロボは大気圏外から地上に墜落、全損状態となる。残念ながらパイロットのレッドは無傷で元気が良いまま。駆けつけたグリーンとブルーとまた大はしゃぎ。司令官の中将も現れてこの後4人で飲みに行くことになった。おまえら、これだけの大惨事の当事者なのに報告書とか書く気はないんかと・・・・・。ちなみに中将は大破したロボをスマホで撮影していた。おそらく後でその軍事機密の写真をブログかツイッターにでも投稿するつもりなのだろう。イイネ!"

バトル・オブ・アトランティス: 時代をちょっとだけ斬る! (via petapeta)

サンマ型怪獣…

(13py2から)

"世界というのは『平等に不平等なもの』なのである。"

Facebook (via tamariba)

(tamaribaから)

"「日本には、『大きな桃が川の上流から流れてくる』時専用の擬態語がある」"

Twitter/cametek (via shinoddddd)

(hughughugから)

東京に戻ってきて、なんということでしょうか、
 テレビを細切れに、いっぱい観ている。
 録画したものやら、オンエアのもの、
 年末年始の数日間の何倍ものものを次々に観た。
 そして、ネットにつながっている時間もおおいに増えた。
 こうして、いくらでも時間は流れていきます。
 
 ちょっとつまみやすくて、身体やこころに害が少なくて、
 ついつい続けて手が伸びてしまう「情報」が、
 いくらでも、どこでも、ただのような値段で手に入る。
 
 ぼくの、いまいる場所を、
 巨大なプールにたとえるならば、
 ここにあるのは水ではなくて、スナック菓子です。
 食事の代わりに、しようと思えばなる。
 口当たりがよくて、けっこうおいしい。
 どんどん手が伸びてしまって、やめられなくなる。
 みんながもぐもぐ口を動かしている。
 安いし、新しい味もどんどん登場してくる。
 でも、みんなが、食事よりもちょっと下に見ている。
 このスナック菓子が満々とたたえられたプールで、
 ひっきりなしに手を伸ばし口を動かし、
 なにか大事なことをしているような気にもなっている。
 
 冗談のように言うのですが、
 ぼくらは、毎日ひっきりなしにスナック菓子を食べ、
 一日中、一所懸命にスナック菓子をつくり、
 スナック菓子について考え、スナック菓子を評価し、
 一生をスナック菓子と共に終えるのではないでしょうか。
 冗談にしても、なんか脳にまとわりつくような冗談です。
 
 東京にもどったとたんに、ここはスナック菓子の都だ、
 と感じてしまったのですが、
 落ち着いて考えれば、やっぱりバランスですよね。
 このプールに浮かんでいて山盛りになってるのは、
 たしかにスナック菓子なんだけど、
 困るのは、「そればっかり」になることですもんね。
 情報にしても、人との関係にしても、食事にしても、
 娯楽にしても、身の回りのものにしても、服にしても、
 スナック菓子的なものを、何%にするかってことですね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
安くて、どこでも手に入るというのは、実に強いもんなぁ。

パフュームで

パフュームで

(元記事: nocchiyukachan (tdsratchetから))